予約システムの導入事例

予約システムを導入しよう

予約システム導入にあたって

お客として何らかのお店に予約をしたい場合、サイトを訪問すると簡単に予約がとれるようになっています。
かつてはサイトがあったとしても電話連絡をしたり、メールを送ったりして案外面倒に感じた予約ですが、今ではずいぶん簡単に予約ができるようになりました。
電話ですと営業時間内でないとつながりませんし、昼はやめたほうがいいかななどと客側も気をつかいます。メールでも返信を待ったり不達を心配したりと、何かと心労が重なります。
そんなとき予約システムが導入されているサイトを見ると安心しますね。
いつがあいているのか分かるようになっているパターンも多いし、連絡もほぼ確実にされていると考えてよいです。また時間もいつでも構わないので気楽です。

客側にはメリットしかありませんが、予約システムを導入するお店側にも大きなメリットが数多く存在します。
紙の予約の台帳で管理していたり、パソコンを使っていたとしてもエクセルで管理をしていたりですと、手間がかかります。
ダブルブッキングなどのミスも起こりやすいといえます。
予約システムの導入によってかなりの手間とミスを防げることは、店側も導入理由の筆頭にあがるものでしょう。
かつて導入にもかなりの金額がかかっていたシステムですが、今ではだいぶリーズナブルに導入できるようになりました。

予約システムといってもさまざまなサービスがあり、どれにしたらいいのか分からない・まず何から始めればいいのか分からないというお店も多いと思われます。

このサイトでは主な予約システムの導入例を挙げ、比較に役立つようなポイントを紹介しています。
予約システムの導入の検討をしている方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめリンク

予約システム会社の個性を比較

予約システムを運営している会社は多いの?意外と知らなかった会社それぞれの個性を比較してみましょう。

予約システムの利便性

予約といえば電話で予約するのが一般的だった昔、今も電話は有効ですがネットでするのも当たり前のように浸透しました。 この予約をシステムで自動化すればどれだけ楽になるかを考えてみましょう。 ただの予約管理だけでなく、マーケティングツールとしても使えるなど、利便性は目を見張るものがあります。

Coubicとスマートチェックイン

具体的な導入事例をみてみると、予約システム探しの参考になるでしょう。導入に時間がかかったり難しい知識が必要なものは避けたいものですが、最近ではスマホからでも操作できるものもあります。 システム構築にも時間がかからないものばかりですので、簡単に導入できるもの3つを紹介します。

予約システムのコストについて

予約システムごとにコストはどのようにかかるのかを考えるのは事業計画に関係することですね。 初期費用は抑えて、かつランニングコストについても自分のところにあうような最善なところを選ぶ必要があります。オプションとの兼ね合いをよく見ていくようにしましょう。