>

予約システムの利便性

予約システムのメリット

電話やFAXの予約に比べていつでも受付可能ですので予約客の機会損失を生むことがなくなります。サイト上でもリアルタイムで予約状況を更新できるので、客から見ても安心感があります。
また決済機能に対応しているシステムが多いので、面倒な決済管理もシステムに任せておけます。即時決済ですとキャンセルを減らす効果も期待できます。

こうした予約システムを導入すると顧客情報は自動でデータベース化されるのでお店側での効率がだいぶアップします。効率化により、コストの削減にもつながります。顧客情報のデータベースを利用してマーケティングに活かすことも考えられます。

機能の色々ある予約システムですが、比較的簡単に導入が可能となってきました。
利用開始には、予約システムサイトへのリンクを通じて行うものと、自分のサイトに予約システムを埋め込む形で行うものとがあります。

業種ごとに予約システムを考えよう

ビジネスの業態によって予約システムのタイプも最適なものがあります。汎用のシステムの場合、予約タイプを選べるようになっているものが多いです。
場合によっては特化型の予約システムを導入した方が良いでしょう。

教室・塾は予約管理対象が多種類に渡ります。特化型のサービスは少ないので汎用型で対応します。
予約といえばホテル業ですが、この業界はネット予約が早期から発展していました。ですので、特化型の予約システムは多くあります。
飲食業界やエステ業界も特化型の予約システムが発達しています。
医療関連業界は、電子カルテなどとともに医療情報システムの一環で予約システムがついている場合があります。定期健康診断の予約などは汎用型のシステムを使えます。


この記事をシェアする