>

予約システムのコストについて

RESERVA(レゼルバ)

RESERVA対応している業種が180にも及ぶうえ、高機能を携えた予約システムです。
英語にも対応しているため、インバウンド需要に関係する業種には助かります。

メルマガ機能やマルチデバイス対応、クレカ決済機能、ホームページ連携機能もあり、初期費用は無料となります。
月額利用料金は0~20000円ほどです。予約件数などで料金は変動します。
サポートは無料で受けることができます。

サイト開設時に3つの予約タイプが選択でき、サービス内容に対応したシステム導入が可能となっています。さらにカスタマイズ版もあり細かい機能も追加利用可能です。

Web広告やアフィリエイトサービスも行っており、低予算で集客効果をあげることも可能となっています。

お金をかけずに予約システム

予約システム導入というと、すごいコストのかかるものだと思われがちですが、かなり低コストでできることがわかります。
規模によっては無料で利用可能なのがうれしいところです。

少し規模が大きくなってくると、従量課金制度に当てはまるので注意が必要です。従量課金は、予約の入った件数・顧客登録された件数・メールの配信数・画像データの容量といったものにかかってきます。

従量課金がどのようにかかっているのかをよく調べ、自分の企業規模にあわせて導入することが大事です。課金がないところは制限がある場合があるので、そこも注意が必要です。

またオプション機能や高機能版で使える機能もよく吟味する必要があります。予約フォーム項目変更、キャンセル待ち、予約回数制限、クレカ事前決済、といったものがあります。
なくてもなんとかなるもの、ないと不便になるものがあると思いますが、料金がどのようにかかってくるかを計画に入れておきましょう。



この記事をシェアする